ディープラーニングを利用した予測ソフト

ディープラーニングを利用して未来予測を行います。
これにより、
熟練者の経験と勘に依存した業務
高度な知識を持つ専門家への外注
から解放されます。

ソフト作成のために必要なもの
予測ソフトを作るには学習データを用意して機械に学習させる必要があります。
必要な学習データ数は予測するものによってかわり、これだけは学習させてみないとわかりません。
目安としては、変数の数の二乗の学習データを用意して様子を見ることをお勧めします

性能評価、納品
いただいたデータを学習データとテストデータに分割し、性能を評価します。
正答率が事前に定めた要求水準を超えている事を確認した段階で、納品となります。

注意
機械学習(AI)は日進月歩の分野ですが、現状の性能では精度が要求水準に達することができない場合があります。その場合は、ソフトのお取引はせず、案件はクローズとさせていただきますのでご安心ください。