適用事例

製造業用X線CTスキャン再構成画像を用いた樹脂製品クラック検査の自動化

樹脂製品のクラックの有無はX線CTスキャン再構成画像を目視で作業員が検査することに頼っていた。この手法では作業員のさじ加減により検査結果に偏りが生じてしまうこと、及び高コストなことが課題であった。この断面画像の良品、不良品判定を機械学習に置き換え、さらに不良品発生率が1/100000以下となる統計モデルを特別に設計した。